特殊表面処理・めっきのご相談なら旭プレシジョン
(株式会社旭プレシジョン)トップ

無電解ニッケルと硬質クロムの比較

無電解ニッケルと硬質クロムの比較

  無電解ニッケル 硬質クロム
1.めっき方法 化学めっき 電気めっき液温45~55℃
2.めっき層 ニッケル(Ni)92%ーリン(P)8% めっき表面クロムに微細クラック有り
3.硬さ 析出状態:無磁性 Hv 500
熱処理析出硬化
300℃-Hv900前後
650℃-Hv650
Hv 800~900
水素吸蔵による歪硬化
4.めっき厚
 均一性
5~10μで塩水噴霧試験 50~200Hr
形状の如何によらず均一にめっきされる
30μで塩水噴霧試験 100~200Hr
均一性が悪く、凸部は厚く・凹部は薄くなる
5.ピンホール 非常に少ない 比較的多い
6.密着性 約24㎏/mm2 約9㎏/mm2
7.耐薬品性 還元性の酸には強い 還元性の酸には弱い
8.耐摩耗性 優れている 優れている

無電解ニッケル耐蝕表

注1 記号説明 ○ 使用に適する。 △ 条件によって使用できる。 × 使用できない。
注2 無電解ニッケル自体は耐蝕的であっても、素材に欠陥がある場合には耐蝕性が損なわれる。
注3 銅合金、ステンレス鋼に無電解ニッケルを施した場合には素地金属が陰極として作用するため、耐蝕性は一般に良好である。

塩酸    PH4以下 × ビール アセチレン
 〃    PH5以上 醤油 タールおよびタール油
塩素ガス  (乾) アミノ酸 トリオール
 〃     (温) 高級脂肪酸(ステアリン酸) トリクレン
塩化水素ガス(乾) バター
※海水・醤油等は、銅合金に
無電解Niの組み合わせ効果大
ジフェニール
 〃      (温) 臭アセチレン
クロオフォルム  (水分なし) 酢酸ベンゾール
ジクロルベンゼン(水分なし) エチルアルコール
四塩化水素    (水分なし) 苛性ソーダ メチルアルコール
アクリルクロライド(水分なし) 苛性カリ ブチルアルコール
塩化アルミニウム 水酸化リチウム ベンジルアルコール
塩化第二鉄 水酸化バリウム グリセリン
塩化第二銅 過酸化ソーダ グリセロール
クロム酸 炭酸ソーダ 脂肪族アルコール
フッ酸 × 燐酸ソーダ 脂肪類
硝酸 × メタ珪酸ソーダ ソルピトール溶液
硫酸 ホウ酸 アセトン
硫黄 × 亜鉛酸ソーダ ナフサ(無臭)
亜硫酸ガス × 青化ソーダ デキストローズ
二硫化炭素 青化カリウム 澱粉糖
亜硫酸ナトリウム 青化バリウム グリコーズ
硫酸ナトリウム 石鹸 ゼラチン
硫酸第二鉄 × アルカリ性洗浄液 糖密
燐酸 × アルカリ性パルプ蒸解液(ソーダ法) フルフラール
酢酸 黒液 コバルトリノレート
モノクロル酢酸 アンモニア水 × ジブチルフタレート
酪酸 漂白液 × イソアミル,オクチルフォスフェイト
乳酸 原油 写真用現像液
プロピオン酸 ガソリン 写真用ハイポ
クエン酸 石油    
炭酸水 ベンゾール    
ページのトップへ

ページの先頭へ戻る

株式会社旭プレシジョン 京都西工場/〒617-0004 京都府向日市鶏冠井町十相30-5 Tel 075-925-1251Fax 075-932-3368

本社/〒602-8176 京都市上京区下立売通智恵光院西入ル