特殊表面処理・めっきのご相談なら旭プレシジョン
(株式会社旭プレシジョン)トップ

《 特 長 》

  1. checked めっき厚(1〜3μm)が薄くても黒色皮膜の中では、耐食性が良い。塩水噴霧試験(JISZ2371)100時間で変色・腐食がありません。
  2. checked 機械加工時にめっき代を考慮する必要がない。
  3. checked 下地めっきなしに直接ハイブラックをつける適用素材 鉄・ステンレス・銅等。
  4. checked 太陽光を効率よく吸収し、しかも赤外線の放射がきわめて少ない。低反射皮膜(反射率:3〜4%)で、光選択吸収性皮膜(吸収率α:0.98・放射率ε:0.066)として優れています。
  5. checked  塗料密着性が良い(塗装の下地として非常に優れている)。
  6. checked  耐熱性は、500℃まで外観の変化が無く、590℃前後でやや灰色がかかってくる。

《 用 途 》

  1. checked 精密ハメアイ部品。
  2. checked 半導体製造装置・液晶製造装置。
  3. checked カメラの内外装部品。
  4. checked 熱吸収性皮膜を利用した、電機部品におけるシールドケース。
  5. checked  ソーラーシステム吸収パネル。

ハイブラックIIのテストデータ

耐 薬 品 性
酸・硫酸・硝酸・燐酸・酢酸・水酸化ナトリウムの(20%)溶液に各々浸漬し皮膜が溶解するまでの時間
薬品名 皮膜が溶解するまでの時間
塩 酸 1分
硫 酸 10分
硝 酸 7時間
燐 酸 30時間
酢 酸 50時間以上
水酸化ナトリウム 50時間以上
表 面 硬 度
表面硬度:一般的には、Hv200〜250程度と言われています。
【参考資料】
ハイブラック・黒色酸化皮膜・亜鉛黒色クロメートについて
  ハイブラック 黒色酸化皮膜 亜鉛黒色クロメート
対象物 鉄鋼・ステンレス・銅及び銅合金 鉄 鋼 鉄鋼・銅及び銅合金
防錆力 100Hr以上 1〜2Hr 150〜200Hr
標準膜厚 1〜3μm 1μm以下 8〜15μm
電気伝導性 あ り な し な し
耐熱性 500℃で変退色なし 200℃で変退色なし 100℃で変色・クラシック発生
耐摩耗性 *1) 25% 30% 40%
特 色 めっき厚が薄くて耐食性に優れている。 皮膜厚が薄い、耐食性が非常に悪い。 耐食性に優れている。
*1) ハイブラック・黒色酸化皮膜・亜鉛黒色クロメートのそれぞれの試験片を、スガ式摩耗試験機によって、荷重400gにおいて400回左右にうごかした後の素地露出面積の割合を調べた。試験片はそれぞれ軟鋼板上に直接処理した。

ページの先頭へ戻る

株式会社旭プレシジョン 京都西工場/〒617-0004 京都府向日市鶏冠井町十相30-5 Tel 075-925-1251Fax 075-932-3368

本社/〒602-8176 京都市上京区下立売通智恵光院西入ル