特殊表面処理・めっきのご相談なら旭プレシジョン
(株式会社旭プレシジョン)トップ
フォスブラックIII動画(1.4MB)

《 特 徴 》

  1. checked光沢の有る黒色皮膜です
  2. checked耐熱性・耐光性に優れています
  3. checked硬度が高く他の黒色処理と比較して傷が付きにくい表面処理です
  4. checked複雑形状の部品やパイプの内面にも均一な厚さの皮膜形成が可能です

《 特 性 》

  1. checked光吸収:可視光領域(380~750nm)の光を平均で90%吸収します
  2. checked耐熱性:200℃で2時間保持しても反射率は変化しません
  3. checked耐食性:人工酸性雨(JIS H8502)下の腐食試験では無電解ニッケルめっきと同等程度です
  4. checked精 度:あらゆる形状に対して均一な成膜が可能です。(指定膜厚の±10%)
  5. checked素 材:様々な素材に処理が可能です。詳細についてはご相談下さい
適応素材
鉄、ステンレス、銅合金、エンジニアリングプラスチック、アルミ合金、セラミック、ガラスなどあらゆる素材に処理が出来ます。
寸法精度
あらゆる形状に対して、均一な厚さの皮膜処理が出来ます(標準皮膜15〜20μ)。また、局部的な処理も可能で寸法精度の重要な部品には±1.5μの範囲管理できます。
硬度
通常の条件におけるマイクロビッカース硬さは、荷重100gでHV400(HRC.41)です。
耐磨耗
黒クロムと同等で亜鉛黒クロメートよりも良好です。
耐食性
5%塩水噴霧試験で連続150時間を経過しても腐食が有りません
耐熱性
200℃で連続24 時間熱処理をしても、変退色が有りません。
光吸収率
分光反射率測定器で調べた光吸収率は、95〜98%です。
耐光性
紫外線ウェザーメーターで、連続200時間処理を行っても変退色が有りません。

フォスブラックIIIのテストデータ

耐磨耗性

耐磨耗性 荷重400g 400回 25%の素地露出【試験方法】
フォスブラックU、亜鉛黒クロメート、黒クロム、黒ニッケル、鉄の黒染め、それぞれの試験片をスガ磨耗試験によって、荷重400gにおいて400回左右に動かした後の素地露出面積の割合を調べた。
試験片はそれぞれ軟鋼板上に直接処理した。

【結果】
荷重400g で400 回の素地露出の割合は25%です

処理名
素地露出割合
フォスブラックU
25%
亜鉛黒クロメート
40%
黒クロム
25%
黒ニッケル
100%
鉄の黒染め
30%

耐熱性
耐熱性 200℃で24時間 変退色なし【試験方法】
フォスブラックU、亜鉛黒クロメート、黒クロム、黒ニッケル、鉄の黒染め、それぞれの試験片を100℃、200℃の各温度で24 時間、熱処理を行った。熱処理には強制熱風循環式恒温器を使用した。

【結果】
200℃連続24 時間の処理で変退色がありません

処理名
熱処理温度
100
200
フォスブラックU
変退色なし
変退色なし
亜鉛黒クロメート
かなり変色(茶色)
黒クロム
変退色なし
変退色なし
黒ニッケル
変退色なし
変退色なし
鉄の黒染め
変退色なし
変退色なし

耐食性

耐食性 5%塩水噴霧150時間連続 腐食なし【試験方法】
フォスブラックU、亜鉛黒クロメート、黒クロム、黒ニッケル、鉄の黒染め、それぞれの試験片をASTM-B117の方法により、5%塩水を連続して噴霧した。
試験片は軟鋼板上に直接処理し、有効面を垂直から6 度傾けた。

【結果】
判定はレイティングナンバーによる

処理名
試験時間(Hr)
備考
50
100
150
フォスブラックU
10.0
10.0
10.0
10.0
10.0
サビなし
亜鉛黒クロメート
10.0
10.0
10.0
10.0
9.5
白サビ
黒クロム
10.0
10.0
10.0
9.8
-
赤サビ
黒ニッケル
10.0
9.5
-
-
-
赤サビ
鉄の黒染め
9.5
-
-
-
-
赤サビ

光吸収率

光吸収率 95〜98%【試験方法】
分光光度計に積分球を装着し、全光吸収率を測定した。
 使用機器:日立ハイテク製 U-3900、φ150積分球付き
 測定範囲:200~800nm
 測定光源:タングステンランプ(800〜340nm)・D2ランプ(340~200nm)

処理名
光吸収率
フォスブラックU
95〜98%
黒クロム
90〜96%
酸化銅黒
90〜96%
黒ニッケル
90〜98%
フォスブラックVの可視領域での光吸収率は約90%であった。

耐光性

耐光性 紫外線200時間 変退色なし【試験方法】
フォスブラックUの試験片に紫外線ウェザーメーターで200 時間処理を行った後、変色・退色の度合いを調べた。

【結果】
200 時間連続処理で変退色は見られない

反射率
分光光度計に絶対反射率測定装置を装着して反射率を測定した。
 使用機器:島津製作所製 Solidspec370
 測定範囲:400~2800nm
 光入射角:12°黒色表面処理反射率※提供:広島大学宇宙科学センター 秋田谷様

ページの先頭へ戻る

株式会社旭プレシジョン 京都西工場/〒617-0004 京都府向日市鶏冠井町十相30-5 Tel 075-925-1251Fax 075-932-3368

本社/〒602-8176 京都市上京区下立売通智恵光院西入ル