PRODUCT INFORMATION

自社開発の無電解ニッケル-タングステン-リンめっきに対して特殊な熱処理を行うことで、硬度だけではなく耐食性も向上させた処理

機能特性

処理可能最大寸法(mm)

350×800×800

特長

  1. 通常の無電解ニッケルめっきよりも高い硬度を有しています。
  2. 硬質クロムめっきが軟化し始める400℃以上の環境においても硬度が低下しません。
  3. 様々な薬品に対して良好な耐食性を発揮します。
  4. 耐摩耗性に優れています
  5. 均一膜厚性、付きまわり性に優れています。

特性

硬度 硬度は最大で約800HVまで上昇が可能です
耐食性 種々の薬品中でニウフォスよりも腐食速度が遅くなります
耐摩耗 無電解ニッケルめっきよりも優れています
素材 様々な素材に処理が可能です。詳細についてはご相談下さい

用途

PTFE射出成型のスクリュー・塩ビ、エポキシ樹脂成型用金型など
ゴム成形金型

耐摩耗性

試験方法

スガ摩耗試験機を使用し、接触荷重1.5Kgfで左右に500回まで動かした後の重量及び皮膜厚みの減少量について調べた。

結果

皮膜の硬化に伴って、耐摩耗性も向上する。

硬度

試験方法

ビッカース硬度試験によって硬度測定を行った。
荷重:10gf

結果

耐食性

試験方法

硫酸水溶液中でカソードアノード分極を行いI-E曲線を測定した。
測定溶液:1.8M硫酸水溶液
液量 :100mL

結果