FAQ

よくある質問

1品から頼めますか?
1品からでも対応可能です。
どのような仕上がりになりますか?
50 mm×50 mm t=1のサンプル片の提供が可能です。(アルミ、鉄、SUSを準備しています。)
対応ワークサイズを教えてください。
処理種によって処理可能サイズが異なります。常時使用しているライン以外で処理が可能になることも御座いますので、ご検討されているワークサイズをお教えください。
納期を教えてください。
一般処理では3稼働日、特殊な表面処理は5稼働日程度での出荷を目指していますが、稼働状況や処理種、製品サイズ、数量によって異なります。お見積のご依頼時にお問い合わせください。(特急対応は別途、ご相談ください。)
表面処理されている製品を剥離して再処理ができますか?
表面処理種と材質の組み合わせや表面の状態でも可否が異なります。お問い合わせの際にそれらの情報をお知らせください。
どのような材質に処理ができますか?
SUSや銅合金、鉄、アルミなどの前処理プロセスは常に準備していますが、他の金属種やプラスチックの前処理は取り扱っておりません。他社で下地にめっき処理するなどのプロセスで処理できる場合がありますので、材質や数量をお教え頂ければ検討させて頂きます。
部分めっきは可能ですか?
マスキング等を実施すれば部分的なめっき処理は可能ですが、処理種や形状等によってマスキングの精度が違います。境界部周辺の品質を確保しにくいため、できるだけ全面処理とすることを推奨させて頂いております。
膜厚の管理はどこまで可能ですか?
指定された部位に対する膜厚を規格範囲で管理することになります。必要とされる寸法精度を確保するため、試作を通じて膜厚の規格を決定させて頂きます。 無電解めっきでは±1μm、硬質アルマイトでは±5μm程度の事例があります。
RoHS規制等に対応していますか?
弊社の独自技術の表面処理はすべて環境規制物質を使用していません。クロムめっきなどの一部の処理を除き、一般的な処理でもRoHS等の対応を済ませています。 不使用証明等が必要でしたら、見積依頼時にご相談ください。
PFOA、PFOS対策品でしょうか?
弊社で使用しているフッ素樹脂は全てPFOA、PFOS対策品となっております。テクノNACコート、テクノNSコート、レジスタックⅡ、テクノフォス、テクノフォスAg、テクノマイト、テクノボロンなどの処理が該当します。 不使用証明等が必要でしたら、見積依頼時にご相談ください。
めっきの上にめっきを重ねることができますか?
重ねていくめっき種の組み合わせや順番によっては出来ないこともあります。また、下層のめっき処理から時間が経過した後にめっきを重ねる場合には密着不良等が生じやすいので注意が必要です。重ねたいめっき種が厚みなどについてお知らせいただければプロセスの検討をさせて頂きます。
黒色クロムめっき(低温黒色クロムめっき)ができますか?
可能です。弊社ではハイブラック処理と呼んでおり、薄膜(1-3μm)で光沢の無い黒色が特徴です。また、RoHS指令に対応したハイブラックⅡ処理もございます。黒色クロムめっきは各めっき業者ごとに皮膜の特徴(光沢や膜厚)が異なります。詳しくは営業担当までご相談下さい。


特殊処理について

テクノフォスやレジスタックⅡなどは、フッ素樹脂分散めっきと何が違いますか?
フッ素樹脂の存在状態が異なります。テクノフォス、レジスタックⅡはメッキ施工後にフッ素樹脂をコーティングしているため、表面に膜状となって存在しています。 一方、分散めっきはメッキ施工中にフッ素樹脂を共析させているため、皮膜中に粒状となって存在しています。 また、テクノフォスは光沢の有る無電解ニッケルめっき、レジスタックⅡは微細な凹凸を持つ特殊無電解めっきを下地とし、その上にフッ素樹脂をコーティングした処理となります。
ハイブラックは、フォスブラックⅢ・ソルブラックと何が違いますか?
めっき皮膜を構成する元素やめっき手法が異なります。ハイブラックはクロム、フォスブラックⅢ・ソルブラックはニッケルが主成分のめっき皮膜です。
フォスブラックⅢは、ソルブラックと何が違いますか?
フォスブラックⅢは光沢の有る黒色めっき皮膜、ソルブラックは光沢の無い黒色めっき皮膜で、共に無電解めっき法により成膜しています。ソルブラックは表面に微細な凹凸形状を持つため、強度が低く他部品と接触する部位には適していません。(ソルブラックにフッ素樹脂を含浸して皮膜強度や撥水性、摺動性を付与した特別な仕様で提供できる場合もあります。詳細は営業担当者にご相談下さい。)
ニウフォスⅡは、無電解ニッケルめっきと何が違いますか?
ニウフォスⅡはタングステンを含む三元合金めっきで、無電解ニッケルめっきよりも耐食性に優れています。特にハロゲンガスなどの耐ガス腐食性に特徴があり、樹脂成型金型などの表面処理として採用されています。